企業名ネーミング大辞典イメージ

企業名のネーミング

パナソニック(旧:松下電器産業)

「松下電器産業株式会社」が2008年10月1日に、「パナソニック株式会社」に社名変更したというニュースは特にナショナルショップなどに愛着を持っていた人にとって大きなビッグニュースになったことと思われます。

松下電器と言えば、創業者であり、数々の逸話を遺していた松下幸之助氏の名前を刻んでいた社名であったことから、その社名に親しみを持っていた人たちの驚きはかなり大きなものだったと推察されます。

もちろん社名変更を決意した現社長自身も、松下の名称を変更することについては悩み続け、寂しさや責任感などとの感情と戦いながら、ようやく決断したことでした。

また、ある信念を持って社名変更を決断した現社長の判断は、創業当初からの経営理念は不変であるとしたものであり、周囲の人々から強く批判されることはありませんでした。

新しく社名となったパナソニックは、ナショナルと並んで、それまで松下電器を支えてきた2大ブランドの1つでありました。

パナソニックとナショナルはそれぞれ商品のブランドとしてだけではなく、松下電器が事業展開しているグループ会社や子会社のネーミングともなっていました。

それにより、それぞれの事業所が分かれて活動していた状態が、企業内の分散ということに繋がる為、これまで以上に力をまとめて発揮することを願っての社名統一を実現する為に行われる社名変更でした。

これからの時代に求められるグローバル化した企業を目指す為には、社名と共にブランドも統一して企業一丸となることで立ち向かうべきという社長の信念と判断によるものです。

松下幸之助氏が松下電器産業株式会社を創業してからちょうど90周年に当たる節目での社名変更は、10年後の100周年を迎える時には電機メーカーとして世界の頂点になっていることを目標としての決意でもありました。

特に海外にも多く支社を抱えていた松下電器では、社名とブランドの間にある温度差を国内以上に強く感じている場面が多く見られ、この社名変更により、製品への認知度も大きく高まったと言われています。

企業名ネーミング大辞典区切り線

企業名ネーミング大辞典は、ネーミングについて解説しています。

企業名ネーミング大辞典Pick!:クラシエフーズ (旧: カネボウフーズ)

企業名だけを見るよりも、その商品を見れば、よりはっきりと思い出すことが出来るという、強いインパクトを持った商品を豊富に扱っている企業なのが「クラシエフーズ」です。 例えば、「甘栗むいちゃいました」や「・・・・

ページの先頭へ戻る